cogito, ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あったらいいますよっ!!!!!!!」

<<   作成日時 : 2007/11/01 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

と言ったのは、東北稲門会の1年生Oである。20日のホームカミングデーの打ち上げの時、北海道稲門会のSがOに対して浮いた話を質問した時の答えなのだが、その言い方が面白かったので、その日は「あったらいいますよっ!!!!!!!」が繰り返し発せられた。
まぁ、どうなんですかね酔っ払って、プライベートな質問を女の子にくり返すSに対し、私が「セクハラじゃない」というと、マスコミ志望のSは「取材だ」って言い切ってましたけど。世の中にはホント、便利な言葉があるもんですね(笑)

それはそうと、広島はホームカミングデーといまいち相性が良くない去年は参加しなかったのだが、一昨年は、今もなお語り継がれ、もはや伝説と化している事件が勃発した。去年もホントは出店する予定だったらしいが、当時の幹事長K田は3日前にドタキャンするという非常識な行動をとっていたようである(この年の出店に関して、メンバーは誰も知らされていなかった)。

で、当初はトムヤンクンを売る予定が、二転三転し、結局例年通りのお好み焼き+もみじ饅頭を販売することになった今年はというと・・・、当然のように大問題が起こった

だが、今年のホームカミングデーは我々の1年間を如実に反映していたのではないだろうか。まさに「財政&個人力の広島」たる所以を遺憾無く発揮した(笑)

まず、ソースがない。事務局の責任者(副代表)Hは、事前にオタ○クソースから協賛でいただいたソースが届くと知っていながら、受取っていなかったのである。たぶん寝てたんだろう。お好み焼きの美味しさを支えるソースがいかに重要な役割を果たすのかということは、言うまでもなかろう。
世の中には、オタ○クソース以外にもミ○ワやカ○プといったお好みソースも存在するが、やはりお好み焼きといえばオタ○クソースなのである。広島県人に「中毒成分が入っているんじゃないか」と言わせるほど愛されるオタ○クソースなくして、お好み焼き屋台の成功などあり得ないのだ。ただ、このことは、前日にすでに判明していたので、だいぶ痛手は負ったが、致命傷では無かった。

事件は当日の朝、思いもよらぬ形で我々に降りかかった。鉄板がただの鉄板だったのだ。
以前、前々幹事長のY氏に問い合わせたところ、全早連倉庫に鉄板が保管されているはずと言われた私は、常任委員の方に、現在も保管されているか確認してもらい、あるとの回答を得た。ここで私は大きなミスを犯したのである。Y氏の言う鉄板とは文字通り、鉄の板であり、コンロがないと使えないものだったのだが、私は鉄板と聞き、コンロつきの鉄板調理器具があると思い込んでいたのだ。当然、倉庫を確認してくれた常任委員の方も、倉庫にあった鉄板をみて、あると教えてくれたのだが、私はその鉄板がどんな物なのか十分に確認することはなかった。当日の朝、倉庫に鉄板を取りに行った時、私の血の気が引いたことは言うまでもあるまい。このままでは、調理のしようがないのだ。
しかし、だからと言って諦めるわけにはいかないのである。もはや、お金の問題ではない。如何に早く代替できるものを用意するかである。バーべキューセットで代替できると考えた私は、準備を財務のFに託し、新宿を目指すことにした。
まず私が向かったのは東○ハンズである。クリスマスコーナーが幅を利かせるフロアーで、隅に追いやられたアウトドア用品の中には、すでにバーベキューセットの姿はなかった。それもそのはずである。10月後半のこの時期に、バーベキューをする者などいるはずがない。店員さんに在庫が保管されてないか確認してもらうが、やはりなく、取り寄せになると言われるだが、このまま帰るわけにはいかない。私はダメもとで周辺に売っていそうな店はないか聞いたところ、なんとすぐ近くのアウトドア専門店に行けばあるだろうと教えてもらうことができた私は店員さんにお礼を言い、足早にハンズを後にし、その店を目指した
店に着いた私は、早速バーベキュー用品を売っているフロアーに向かった。閑散としたフロアーに所狭しとバーベキューセットが並べられているではないかキャンプとほとんど縁のない私は、色々と聞いてみたい気もしたが、そんな暇はない。一刻も早く早稲田に戻らなくてはならないのだ。私はバーベキューセットと炭を購入し、タクシーに乗り込んだ。

大学に戻り、早速セットを組立て炭に火をつけた。だが、なかなか火が点かない。それを見ていた、来場者の方々が、色々とアドバイスをくれるので、試してみるが、一向に点く気配がない結局、常任委員の方々が、点けてくれたホント、ありがとうございました
このあたりから、飲み友達のK井が加わる。これで全員揃った我々はかなりの量を販売するも、結局全部売り切ることは出来なかった。
我々の中でホームカミングデーは早稲田祭のプレイベントと位置付けていたが、非常に楽しむことができた。また、この経験は早稲田祭で生きることだろう
赤字であったが、楽しい時間を得れたことを考えると、そんなことはどうってことないのではないだろうか。赤字になるかもしれないから出店しないとか、赤字だったから出店しなけりゃよかったとかというのでは、寂しいではないか。私は、今年やってみて出店料を出してでも出店したいと思った。仲間と店を出し、通りがかった人へ呼びかけ、興味を持ってくれたお客さんと話をする。そんな、普段経験できない時間を仲間と共有できる。これは、いくらお金を出しても買えないものである。まさにPricelessそれを作る機会を得るためにお金が必要なのだとすれば、いくらだって出そうではないか。そう、我々は「財政の広島」なのだから(笑)


イベントの後は、飲み会である。広島だけで打ち上げをやることも考えていたが、結局北海道、東北、群馬と一緒に飲むことに珍しくまったりとした雰囲気の中で時は流れたが、ゆとり世代の面白さはこの日もとどまることを知らなかった。そんなゆとり世代のOとI(東北・1年)からプライベートな話を色々と聞き出そうとするS。そう、あの日のSは完全にゆとりの虜であった。いや、もしかしたらあれは口説いていたのではないだろうか。私は、将来Sがセクハラで失脚しないことを切に願ってやまない。

私の代表としての任期は今週末までだが、他の会のほとんどはこの日をもって任期が終了した。この一年間色々とあったが、各会の幹事だけでなく1・2年生も含め、本当にみんなに感謝している。ホント、一緒にやれて楽しかった。ありがとう。書きたいことはたくさんあるが、それは私の任期が終わった後に改めて書かせてもらおうと思う。

早稲田祭まであとわずか。「財政の広島」の名に違わぬ光景をお見せできるであろうことを嬉しく思う。3日を期待していて欲しい
では、早稲田祭で会いましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だから電子レンジにすればよかったのに(笑)

2007/11/07 00:33
うん、電子レンジ使ってたら東北とか群馬の日本酒を熱燗で出すこともできたしね☆もちろん、ホットところてんも(笑)
前代表
2007/11/07 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あったらいいますよっ!!!!!!!」 cogito, ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる